沿革

昭和33年 東京都江戸川区にて溶接歯車事業を開始。
昭和35年 東興鉄工株式会社を設立。千葉県市川市にて大型溶接歯車専門商を開業。
昭和40年 溶接歯車の工法特許取得。
昭和52年 千葉県市川市にて物流倉庫事業を開始。
昭和56年 化粧品メーカーの設備メンテナンス事業を開始。
昭和63年 新日本環境整備株式会社をM&Aにより取得。
平成1年 株式会社東興開発を設立。
平成1年 千葉県より産業廃棄物処分業許可(脱水および薬注固化による中間処理)及び産業廃棄物収集運搬業許可を取得。建設汚泥中間処理業を開始。
平成3年 東京都より産業廃棄物収集運搬業許可を取得
平成4年 環境修復事業の本格化に向け早稲田大学と産学共同研究を開始。
平成10年 処理能力拡大のため保管場所拡張工事を実施。
平成11年 社団法人千葉県産業廃棄物協会に加盟。
平成11年 環境省・国土交通省認可 建設廃棄物協同組合(旧関東建設廃棄物協同組合)に加盟。
平成13年 千葉県市川市と環境保全協定を締結。
平成13年 茨城県及び神奈川県並びに埼玉県より産業廃棄物収集運搬業許可を取得
平成16年 千葉県市川市より特定事業許可(一時たい積特定事業)取得。建設発生土一時たい積事業を開始。
平成16年 電子マニフェスト導入。
平成20年 羽田空港D滑走路建設外工事において個別指定制度を活用した建設汚泥の再生利用を実施。
平成22年 社団法人千葉県産業廃棄物協会が主催する「建設汚泥調査研究に関するワーキング」に参加。